×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

思春期のにきびの原因は?

思春期になるとにきびが出てきて困りますよね。思春期のにきびは、こどもから大人への成長段階の思春期に特ににきびが出来やすくなります。思春期のにきびの原因として成長ホルモンが、からだの成長のために影響をうけるために、皮脂がたくさん分泌されるので、にきびの原因になります。思春期のにきびの予防では、やはり食生活の改善をしてバランスの取れた食事やビタミン類の摂取をすることで、にきびに対しての皮膚の抵抗力を高めます。また思春期にでるにきびは、顔に出ることが多いのですが、汗をかいたままですと菌が繁殖をしてにきびが背中などにも出てきてしまいます。たまに口のまわりにも、にきびが、できることがありますよね。これは胃の調子が悪いときに出るサインです。このように口の周りに、にきびが出来たら胃が弱まって調子が悪いときですから食生活に気をつけましょう。また規則正しい生活を守るのも、思春期のにきび予防には大切なことですね。

ニキビは、皮膚科で処方しましょう。

思春期にできるにきびは、疲労やストレス、寝不足からくる疲労また生理不順などで内臓の機能が低下により思春期のにきびの原因ですね。そのため生活環境を改めることも大事なんですね。また思春期にできたニキビには、お肌のスキンケアもしていきたいものですね。お肌のスキンケアには、やはり肌に保湿をしてやることが、ニキビに効果的ですよ。お肌の保湿には、ノンオイルのジェルや化粧水などでお肌を保湿してあげることですね。また思春期のニキビが、改善しないならば、皮膚科での治療をオススメします。皮膚科からの処方薬を使用すれば、一ヶ月くらい処方薬を塗れば、ニキビが改善されてくると思います。この皮膚科の思春期のニキビで処方される薬の外用薬の成分には、タザロテン・アダパレンなどの成分が配合されています。思春期のニキビの治療をするならば皮膚科での治療ならば間違いはないですね。

思春期にきびには、ビタミン補給が効果的です。

思春期のニキビに効果的な市販の薬には、抗生物質が配合されている。テラコートリル軟膏などが市販のニキビの薬でいいですよ。このテラコートリル軟膏は、あまり使いすぎないようにしてください。副腎皮質ホルモンが配合されていますが使いすぎないでください。思春期のにきびの治す方法でビタミンを補給することにより治す効果があるといわれています。思春期のにきびの薬ではないのですが、市販の薬でビタミンを補う薬としてチョコラBBの市販のビタミン補給剤で補給することでビタミンBやビタミンCに不足からできる吹き出物に効くそうです。ニキビは、栄養やビタミンの不足などからできることから、規則正しい食生活の改善、日々バランスの取れた食事。特に食物繊維を摂取するために緑黄色野菜を採るようにしてください。また魚などもニキビ予防には、効果的です。またニキビの名前はニキビが出来る年齢によって名前が変わるそうです。20歳までに出来るのは、思春期にきび。20歳を過ぎて出来たニキビの名前を「アダルトニキビ」、「吹き出物」、「大人にきび」などと呼ばれます。

Copyright © 2008 思春期のにきびになったら?